fc2ブログ
ホーム > シンプルスタイル >【家事】 > 料理は手作りにこだわらなくても、いい。

料理は手作りにこだわらなくても、いい。

         

数日前にネットニュースで、ある記事を読みました。


主婦雑誌「レタスクラブ」で、今年4月に実施したアンケート(都市圏在住・3歳以上11歳未満の子どもを持つ20代から40代の既婚女性332人)によると、

もっとも苦痛に感じる家事は何ですか?

の問いに対し第1位は「料理」、全体の約半数を占めました。

以下掃除、片付けと続きます。


また、毎日自分が料理を作らなければならないと思いますか?

に対し、「そう思う」という回答が約70%もあったことから、

一人で抱え込んで大きなプレッシャーを感じている主婦がとても多いようです。




私は家の中のいらないモノを捨てて片付けたり、整理整頓した後、きれいに掃除をするのは好きですが、

料理はあまり得意ではありません。

なのに、以前はこのような「~しなければならない」思考があって、

夫のお弁当のおかずを作る時に、「冷凍食品は使わずに、手作りしないといけない」と思っていました。


何でかと言うと、専業主婦で時間があるのに、冷凍食品を使うのはサボっているように感じたからです。

別に夫に、冷食じゃ嫌だ、ちゃんと料理しなよ(。-`ω´-)

と言われた訳でもないのに、勝手に私が思い込んでいました。


自分で言うのもアレですが、昔から完璧主義で真面目、変なところで神経質に考える一面があり

料理に対しても同じように思っていて。

おかず○○の素を使うのも、抵抗がありましたが、



娘が産まれたのをきっかけに、そんなことにこだわっている余裕が無くなり、

冷凍食品のお弁当用のおかずを常備するようになりました。




020814ポテトサラダ


ポテトサラダも前は手作りしていたけれど、

今は疲れた時や忙しい時、お惣菜・お弁当も買います。


020814皿うどん


先日の夕飯は皿うどんの素を買って作ってみた!

野菜も取れるし、パリパリ麺がとろ~りしたタレとと絡んで美味しかったです^^

冷凍食品も、コレが冷凍!?って思うくらいクオリティーが高いですよね。



でも、それが続くと罪悪感を感じるのも正直あります。本当にいいのかなって、、



いらないモノを少しずつ手放していったら、家だけでなく、人生が身軽で快適になりました。

凝り固まった考え方や執着も手放すと、きっともっとラクになれるんだろうなって思います。

こうあるべき、しなければ、と自分で自分を縛ると苦しくなってしまうから、、


モノは手放せても、思い込みを手放すのは難しい。

これまでの考え方を見直して変化させていくことは、なかなか出来ないです。

でも、私が魅力的だなと思うのは、変化を恐れずに成長し続ける人。


料理だけじゃなく他のことに対しても、~すべき思考はたくさんあるので

もっと肩の力を抜いて生きていきたいと思います。


◇こちらのテーマもどうぞ。(にほんブログ村)

私らしい 暮らしと生き方

捨てる、手放す、ミニマルに生きよう♪

後悔しないモノの捨て方&手放し方

持たない暮らし

片付けて プチストレスをなくしていく


◇ブログ村ランキングに参加しています。応援クリックありがとうございます^^
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ


プロフィール

さくら

Author:さくら
一人娘と転勤族の夫と暮らす40代主婦。

引越しが多い環境で、家族にとって生活しやすい家づくりや、モノの選び方を考えてきました。

ただ手放すのではなく、本当に必要なモノに囲まれたシンプルなスタイルを目指しています。

暮らし、ファッション、資産運用も含めたお金のことについて綴っています。

整理収納アドバイザー2級
クリンネスト2級・1級
ほめ達検定3級
温泉ソムリエ
マネーライフプランナー
メンタル心理カウンセラー
上級心理カウンセラー
ポジティブ心理学実践インストラクター
うつ病アドバイザー

お問い合わせ
プライバシーポリシー


シンプル&スタイル - にほんブログ村

関連記事

月別アーカイブ

09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  02  02 

過去の記事