FC2ブログ
ホーム > シンプルスタイル >〈モノを手放してシンプルに暮らす〉 > 〈モノを手放してシンプルに暮らす〉

〈モノを手放してシンプルに暮らす〉

         

はじめに


今でこそ定期的に見直しをしたり、片付けの習慣が身についていますが、以前はたくさんのモノに囲まれて過ごしていました。


こんなに持っているのだからいざという時も困らない、着て行く服もバックも潤沢にあって豊かだ、とモノの量で安心感を得ていました。


でも実際はどこにしまったのか分からなくて肝心な時に見つからない、引越しの時の荷造りが大変、洋服はたくさんあるのに着ていくのがなかったり。。


どうすればラクになるのか?
そんな暮らしのストレスをを抱えていた私を変えたのは、不必要なモノは手放すというシンプルなことでした。


モノを増やさないための気をつけていることや、手放したことで得られたメリットなどをご紹介します。








1.自分が管理できる量を持つために行っている3つのルール


何かモノを買う時、あったら便利だから、いつか使うかもしれないから安い時に買っておこう。


そう思って色々買っていると、いつの間にか溢れてしまいます。


私も買い物に行くたびにせっかく来たついでにと思い買って家に帰ったら、同じようなモノがあったり、モノがあり過ぎて何がどこに収納してあるのか分からなくなった経験から、


自分の管理能力を超えるほど、モノは増やしてはいけないことに気が付いたのです。


そこで自分が管理できる量を持つために、モノに対してのルールを作ることにしました。



1.(1)ストックを必要以上に買い過ぎない



詰め替えボトル


洗剤やシャンプーなどの日用品は、毎日必ず使うモノ。


消耗品ですし多くストックしておいても腐るわけではないので、ドラッグストアなどで特売しているのを見るたびに、つい買ってしまいがちです。


でもあまり買いすぎると保管場所を取るし、在庫を管理しなくてはならないという手間が増えるので、ストックは1つまでと決めています。


シャンプーやボディソープ、洗濯洗剤や柔軟剤など大容量の詰め替えがあればそれを1つにしています。



1.(2)使うモノだけを持つ



010624トレー5



台所の引き出しの中は広すぎないので、見直すのにちょうどよくオススメです。


よく使うお箸などが入った引き出しを見てみると、あまり出番のない調理器具だったり多すぎるスプーンなどがあったので、今後使うのかどうかチェックしてみました。


要らないモノから自分の買い物パターンの失敗を学ぶことができ、その結果あいまいな理由でモノを買わなくなります。


また毎日開ける場所なので整うと、ひと目でどこにあるか分かりとても使いやすくなります。



1.(3)定期的に家の中のモノを片付ける



020108冬服3


片付けはその時やればもう終わり、というのではありません。


なぜなら私たちの生活は変化し続けているからです。


引越しや子どもの進学といった環境の変化や、自分に似合う洋服や趣味など、その時その時で必要なモノ・不必要なモノが出てくるので、


ゴールデンウィーク・夏休み・冬休みの最低年3回は、家族全員で家の中のモノを片付けるようにしています。


毎回何かしら不必要なモノが出てくるので現状に満足せずに、常にアップデートすることを心掛けています。


家の中がシンプルになると気持ちよく過ごせますよね。


モノに振り回されるのではなく、モノを「私」が主体となって選んでゆく。


そんなシンプルライフを、これからも続けていきたいと思います。




2.モノを手放したら得られた4つのこと


たくさんのモノに囲まれていた時は、それが当たり前の日常になっていて、不必要なモノは「捨てる」とか「手放す」と言った考えが無かったです。


とりあえず取っておこう、いつか使うかも、あったら便利だから、が口癖になっていてモノがあふれていましたが、


手放すことによって色々なメリットを感じるようになりました。



2.(1)床にモノを置かなくなり、掃除がしやすくなった



011020リビング3


必要なモノだけになると床に置くことなく収まるので、掃除機が格段にかけやすくなりました。


以前は掃除機をかける前にいちいちモノをどかしていましたが、そんな手間のかかることをする必要がなく、


そもそも床にモノがあると掃除をするのが面倒になってくる、という悪循環に陥っていました。(汗)


今は汚れをためこむ前に掃除が出来るので、家事を後回しせずに済み時短にもつながります。



2.(2)少ない洋服で着回せるようになり、管理するのも楽になった



010906ユニクロ2


大量に持っていた洋服だけでなく、バックや靴も減らしました。


毎朝、衣装ケースの前で「今日はどの洋服にしようか。」 「前会った時はこの洋服だったから違うコーディネートがいいよね。」などど考えていました。


お気に入りの洋服やバッグだけに絞ったらすぐに洋服選びが出来るようになり、少ない枚数でも十分着回せることが分かりました。


少数精鋭なので組み合わせを工夫すればおしゃれは楽しめるのですね。


バックや靴もちゃんと管理の行き届く範囲なので、傷み具合もすぐに分かります。


そして要らなくなった衣装ケースも処分して部屋を広く使えるようになりました。



2.(3)無駄なモノを買わなくなった



食品など賞味期限の切れたモノならすぐに処分しますが、まだ着られそうな洋服、本や雑誌、キッチンにある沢山の調理器具など、


いつか使うかもしれないし、捨てるなんてもったいない、そんな気持ちでずっと置いたままでした。


011023キッチン1


今使っているのか、必要なのかひとつずつモノと向き合い手放していく作業は、痛みを伴います。


手放したモノを金額にしたらどのくらいになるのか、想像するとため息が出そうですが、


手放す辛さを経験したからこそ次は慎重になり、無駄なモノを買わなくなりました。



2.(4)精神的なゆとりが出来た



前は「あれ、どこにしまったのかな?」と探す無駄な時間を過ごしていましたが、


モノを減らして定位置を決めたので探し物が減り、イライラしなくなりました。


洋服も出掛ける直前まで悩むことは無くなり、時間だけでなく気持ちも余裕をもって準備できるようになりました。


必要なモノだけに囲まれた暮らしは、精神的な心の落ち着きをもたらしてくれます。


家と、こころは繋がっているのだと感じます。




3.片付けがもたらしてくれたメンタル面の変化


毎年、コートを新調したり、夏と冬のセールはもちろん普段も買っているとどんどん増え続けていくけれど、


全部の服をまんべんなく着回すことの出来る能力が無くて、結局よく着るのはお気に入りのものばかりなのですよね。


洋服だけじゃなくて、身の回りだってよく使うものは限られていて・・・


色々なものを手放した後は肩の荷が下りたような、とてもスッキリして清々しい気持ちになります。


目次3.(4)で書いた精神面で良かったことを掘り下げてご紹介します。。



3.(1)気持ちに余裕が出来た



朝、今日着て行く洋服を選ぶ時に迷わないので、時間的にも精神的にも余裕が生まれました。


以前は、悩んだ割には出掛けてから似合ってなくて気分がイマイチ・・・なんて事がありましたが、今は持っている洋服が気に入っているものばかりなのですんなり決まります。


朝の慌ただしい時間に家事をしつつ夫や子どもを気にかけていると、つい自分のことは後回しになってしまいますよね。


今は自分の支度はすぐに終わるし、家の中もスッキリしているので家事も段取り良くスムーズに行えます。


朝ゆとりを持ってスタート出来るとその日一日がうまく回っていくので、余計なストレスがかからずに心が整えられます。



3.(2)家がスッキリしていると心が安定する



伸縮その5


家の中にモノがたくさんあると必要なモノ・不必要なモノが混在して、今使いたいモノがすぐに取り出せずに探し物をしたり、


本来はそこに住む私たちが主なのに、モノに囲まれているせいで伸び伸び出来ずに生活しづらかったりすることがありました。


そうなるとイライラしたりストレスが溜まって、つい家族に当たってしまったり・・・


家で穏やかに過ごせるようになったのは、いらないモノを手放すようになってからなんです。


家族全員が気持ちよく暮らせるモノの適正量を決めたら、家の中のどんよりした空気が清々しいものへと変わりました。


スッキリした家は笑顔も増えますし、精神的な落ち着きをもたらしてくれます。



3.(3)感謝の思いを持てるようになった



310418ありがとう


手放し始めた頃は洋服や雑貨など何で買ってしまったのだろうと、落ち込むことがありました。


買った時は安かったからまあいいか、いつか着るだろうと思うのですが、何となく買った洋服は忘れ去られてしまいますが、自分の気に入った洋服を買い愛着を持って何回も着て、古くなって手放す。


そうすると「今までありがとう」と、感謝の気持ちが込み上げてくるんですよね。


洋服だけではなく、その気持ちは家族にも向けられるようになれました。


家の中が整うと心まで変わるのですね!


これからも定期的に家の中のモノを見直していきたいと思います。




4.モノを減らしたら増えたこと


独身の頃はお恥ずかしながら、自分の部屋をちゃんと片付けたことってほとんどありませんでした。


洋服が増えてきて散らかってくると、取りあえずクローゼットに収納して(押し込んで?)扉を閉めたり、


雑誌を毎月何冊も買っていたので山積みになってくると、本棚に並べたりして私自身片付けた気になっていました。


見えるところだけをキレイにしていればそれでいいって、思っていたんですよね・・・


常に片付けを意識して生活をするようになった今、見えるところ見えないところが整ってきたのはもちろん、モノを減らすことで時間が増えたと実感しています。



4.(1)効率的な時間の使い方



たくさんの洋服をどんなにキレイにたたんで収納しても、多いのには変わりないので選ぶのに時間がかかっていました。


鏡の前で「いや、何か違う」と思いながら次々と引っ張り出してきて着替える時間、その脱ぎ散らかった服を畳んでまたしまう時間もムダになりますよね。


011101フリース1


少ない枚数だとすぐにコーデが決まるので、その分家事など他のことに回せました。


10分短縮されれば1週間で1時間以上になるので、貯まった時間を有効に活用することが出来ます。



4.(2)リラックスできる時間



310410鍵袋3


以前はモノはたくさんあるのに、いざ使いたい時に見つからなくて、家の中あちこちを探し回っていました。


これはすごく不毛な時間でストレスも溜まりますし、家族も巻き込んで探すのでみんながイライラしてしまうのです。


何がどこにあるのかを把握することで、ムダに探す時間が無くなりました。


焦る時間が減り、リラックスできる時間が増えたことは貴重ですね。


「時は金なり」の言葉のように、貴重な時間を自分のやりたいことや、有意義なことに使っていきたいと思います。




5.シンプルライフで得られる小さな喜びとは



たくさんのモノに囲まれて生活をしていた頃は、「良いことないかな~」と漠然とした思いを抱えていました。


特に不満があるわけではないけれど、何か楽しみはないかと外に目を向けていたんですよね。


でも、定期的に片付けをし続けてシンプルな暮らしをするようになった今、


自分の意識が外から内に、いつも過ごしている居住空間に意識を向けるようになり、日々の暮らしの中に小さな楽しみや喜びを感じられるようになりました。



5.(1)お気に入りの洋服を最後まで着倒す充実感



310402春服断捨離1


以前の私はすでに洋服をたくさん持っているのにも関わらず、休日に出掛けるたびに何かしらの服を買っていました。


その頃は少数精鋭で着回す考えが無く、洋服は多いに越したことない!って思っていたのです。


でも買ったはいいけれど着ない服ばかり、結局着るものは同じパターンで・・・


お気に入りを着倒して手放すことが出来るようになったら、何だか自信が湧いてきました。


人はなかなか変わらないと思っていたけど、年齢関係なく変わることは可能なんだって嬉しい気持ちになりました。


それ以来、着古した洋服を手放すたびに充実感を感じます。



5.(2)モノを使い切る達成感



先ほどの洋服の話と同様に、最後までモノを使い切ることに喜びを感じます。


例えば、詰め替えをする時。


今までは洗剤や柔軟剤、化粧品など、まだ使い切っていないのにお店に買いに行くたび新商品が気になり、どんどんボトルが増えていく・・・なんてことがありました。


そのボトルを収納するためにケースが増えていく、場所も取る、空間を圧迫して狭くなる、という悪循環に・・・


特に化粧品は肌に直接つけるものなので、それを放置しておいたら使う気にはなれませんよね。


今は何でも定番を決めたのでモノであふれかえることは無くなり、ひとつの詰め替えがケースの中でスタンバイしています。


詰め替えをする時エコなことはもちろん、


途中でブレること無く、目移りすること無く、最後まで使い切ったんだという達成感にあふれて、嬉しい気持ちになるのです。


冷蔵庫においても同じで、我が家の冷蔵庫は普段からたくさん入っている訳ではないので、3日分くらいをまとめ買いをすると食材が充実してるなと思います。


その状態からムダにせず使い回して、冷蔵庫が空っぽになると嬉しいです。


台風が来る、雪が降って買い物に行けない時はある程度まとめ買いすることはありますし、災害用に缶詰などの保存食を備蓄しておいたりもしますが、


必要な分を買い、食べきれないからと言ってダメにせず、最後は空っぽになる冷蔵庫はとても清々しい気持ちになるのです。



5.(3)片付けをして家の中がすっきりする爽快感



010508植物


普段のゴミを捨てて家から不要なモノが無くなったり、片付けをしてモノを手放した時、とても気持ちがすっきりするのですよね。


いらないモノがずっとあると、そこからマイナスの空気が漂っているような気がします。


家がきれいになると嬉しい気持ちになり、そこに居るだけでとてもリラックス出来る居心地の良い空間ですよね。




この3つに対して共通して言えるのは、どれも日常生活の中に喜びを見いだしている、ということ。

モノでいっぱいだった時は、決して気付けなかった。




小さな喜び。   小さな達成感。  




いつも外に向けて楽しみを探していたけれど、シンプルな暮らしになったらその答えはすぐ近くにありました。


もちろん楽しいことは外にはたくさんあると思いますが、


これからも一番身近な我が家・家族に目を向けて、喜びや感謝の気持ちを忘れずに過ごしていきたいなと思います。




6.おわりに


少ないモノでシンプルに暮らすようになったら、家がとても好きになりました。


プチストレスをどうやったら改善できるのかな、家族が住みやすい家ってどういうのかな、と考える時間が楽しいのです。


これからも家族みんなが心地よい「我が家のシンプルライフ」を追及していきたいと思います。


◇シンプルに暮らすヒントがたくさん!こちらのテーマも参考にどうぞ。(にほんブログ村)

モノを少なく、シンプルに暮らしたい

すっきり暮らす

片付けて プチストレスをなくしていく

捨てる、手放す、ミニマルに生きよう♪

日常の小さなできごとを愛する生活


◇ブログ村ランキングに参加しています。応援クリックありがとうございます^^
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ


プロフィール

さくら

Author:さくら
一人娘と転勤族の夫と暮らす40代主婦。

引越しが多い環境で、家族にとって生活しやすい家づくりや、モノの選び方を考えてきました。

ただ手放すのではなく、本当に必要なモノに囲まれたシンプルなスタイルを目指しています。

暮らし、ファッション、資産運用も含めたお金のことについて綴っています。

整理収納アドバイザー2級
クリンネスト2級・1級
ほめ達検定3級
温泉ソムリエ

現在マネーライフプランナーを勉強中です。

お問い合わせ
プライバシーポリシー

関連記事

月別アーカイブ

02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02 

過去の記事