FC2ブログ
ホーム > お金のこと >【さくらの家計管理】 > 使い過ぎを防ぐクレジットカードの利用方法。

使い過ぎを防ぐクレジットカードの利用方法。

         

買い物をする時にクレジットカードを使う方はいらっしゃいますか?


クレジットカードは現金を持っていなくても欲しいモノが買える、光熱費などひとつのカードに集約させてポイントやマイルを貯められる、と言ったメリットがある一方で、


気軽に買えてしまう分お金を使っている意識が薄くなったり、支払いが1ヶ月や2ヶ月先になるので家計簿として把握しにくいデメリットがあります。


現金は減らないのに引き落としが後になると、つい買いすぎてしまい赤字の原因になりますよね。。


クレジットカードを使い過ぎないために、どんな事に気を付けていけば良いのでしょうか。


010827クレジットカード





カード一覧表を作る


010718メモ


支払い月になり明細を見て、「今月はいつもと比べて金額が多いな・・・そうだ、この前カードで買ったからその分上乗せされているんだった!」


という様に、カードは忘れた頃になって引き落とされますよね。


クレジットカードを使ったらその金額と用途を一覧にして「見える化」しておけば、その利用明細を分かりやすく把握することが出来ます。


このカード分を含めた状態で食費やレジャー費などを組み込んでいけば、1ヶ月予算内で収まります。




デビットカードを使う


カード1


デビットカードは支払いをしたらすぐに口座からお金が引き落とされる(即時決済)ので、現金と同じような感覚で使うことが出来てとても便利です。


口座にお金が無いと利用が出来ないので使いすぎ防止になる上、ポイントも貯まるのでお得ですよね!


私もイオンで買い物をする時はWAONですが、その他の日常的なモノはデビットカードで支払っています。


支払い方法が現金からカードに変わっただけでレシートもすぐにもらえ、家計簿にはデビットカードの欄に記入しています。




使った金額を取り分ける


クレジットカードは使った時と実際に支払うまでの間にタイムラグがありますね。


何にどのくらい使ったのか分からなくなってしまうので、使ったらその分の金額を別の封筒に分けておき、引き落とされる月に入金します。


このようにすることによって使い過ぎを防げると共に、現金で支払った感覚も持つことが出来ます。




おわりに


310424お金1


私はデビットカードの他に、WAONとクレジットカードが一体となっているイオンカードセレクトを持っていますが、


キャッシュレス化が進む中クレジットカードは便利な反面、使い方を間違えると家計管理が苦しくなってしまいます。


使い過ぎを防ぐために出来る3つの事を実践して、お金と向き合っていきたいなと思います。


お金が貯まる人の考え方とは。

お金を貯めようと思った時に節約料理を頑張ったり、細かい水道光熱費を気にしてお金を使わないように、やみくもな節約をしても努力の割にはあまり効果が無かったり



◇気になるお金の事は、こちらのテーマも参考にどうぞ。(にほんブログ村)

◇家計簿*お金事情*◇

貯金、貯蓄、家計、お金に関すること

初心者のための、マネー入門!

節約貯金deゆとりのマネーライフ

老後の備え:お金に関する心配を減らす方法


◇ブログ村ランキングに参加しています。応援クリックありがとうございます^^
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ

プロフィール

さくら

Author:さくら
一人娘と転勤族の夫と暮らす40代主婦。

引越しが多い環境で、家族にとって生活しやすい家づくりや、モノの選び方を考えてきました。

ただ手放すのではなく、本当に必要なモノに囲まれたシンプルなスタイルを目指しています。

暮らし、ファッション、資産運用も含めたお金のことについて綴っています。

整理収納アドバイザー2級
クリンネスト2級

現在クリンネスト1級を勉強中です。

お問い合わせ
プライバシーポリシー

関連記事

月別アーカイブ

09  08  07  06  05  04  03  02 

過去の記事