FC2ブログ
ホーム > シンプルスタイル >【家事】 > 【やめたこと】自分の思い込みや縛りを手放す。

【やめたこと】自分の思い込みや縛りを手放す。

         

まだ独身だった頃、社会人として働いていた頃、私は実家暮らしをしていました。


料理や洗濯のお手伝いをせず親任せ、自分の部屋の掃除すらほとんどしないという・・・今思うと自分のことしか考えていなかったなと反省します。


結婚して初めて家事をするようになったのですが、今まで全然してこなかったのにも関わらず急に「ちゃんとしなくては!」と思い、レシピ本を片手に苦手な料理を頑張る日々が続きました。







苦手なことを頑張らない


iPadレシピ


その頃、主婦雑誌を見るのが好きでよく買っていたのです。


食費月○○円で作る1週間の献立のような記事を読むたびに、家族が多いのに上手く食材を使い回して安く美味しく作っている。


なんて出来る主婦なんだ!それに比べて私は・・・と、落ち込むことがありました。


雑誌に載るくらいすごい主婦の方と比べるな、と言いたいところですが、当時は世の中の主婦の方たちは皆さん頑張っているんだなって思っていたんです。


夫に作っていたお弁当も冷凍食品を何品か入れないで、全部手作りのものがいいと、別に夫からそう言われた訳ではないのに勝手に自分で思い込んでいました。


○○の素を使って料理をするより、自分で調味料を配合して作るのが良いと思っていました。


手づくり=頑張っている、そんな風に思っていたんですよね。


料理好きでみんなに振る舞うのを喜びに感じているのなら良いですけど、私はそうではないので苦手なことを頑張るのはやめることにしました。




~しなくてはならないを手放す


まな板


夫のお弁当は冷凍食品を上手く取り入れたり、昨晩多めに作った夕飯の一部を入れたり、卵焼きやウインナーなど簡単に作れるものに。


夕ご飯は無理に新しいメニューを開拓するより、家族が食べたいものを優先に。


疲れている時は手づくりにこだわらず、お総菜や外食もOKに。


自分の思い込みや、~しなくてはならない縛りを手放したら少しずつ料理が苦にならなくなりました。


子どもはハンバーグが好きなので、一緒にお肉をこねて丸めたりしています。


初めは不格好でしたが、だんだん上手になってきて、自分で作ったハンバーグは一段と美味しいようです^^


家族と楽しみながら食を囲むのが大事ですよね。




おわりに


美味しいご飯のために頑張り過ぎない事にしたお陰で、きちんとしなくてはならない気持ちから解放されました。


料理は毎日の事。


ムリなく続けられることを第一に考えていきたいと思います。


【家事をラクに】買って良かった家電。

家電量販店に行くと、色々な種類の最新家電が販売されていて、見て回るだけでも楽しいですよね。特に冷蔵庫は何回も開けてみて



◇これからもシンプルに物事を考えていきたいです。こちらのテーマも参考にどうぞ。(にほんブログ村)

シンプルな暮らしでやめたこと。

主婦のつぶやき&節約&家事etc...

主婦のライフスタイル

暮らしの見直し

日々の暮らしをシンプル&豊かに


◇ブログ村ランキングに参加しています。応援クリックありがとうございます^^
ブログランキング・にほんブログ村へ

プロフィール

さくら

Author:さくら
一人娘と転勤族の夫と暮らす40代主婦。

引越しが多い環境で、家族にとって生活しやすい家づくりや、モノの選び方を考えてきました。

ただ手放すのではなく、本当に必要なモノに囲まれたシンプルなスタイルを目指しています。

暮らし、ファッション、資産運用も含めたお金のことについて綴っています。

整理収納アドバイザー2級
クリンネスト2級

現在クリンネスト1級を勉強中です。

お問い合わせ
プライバシーポリシー

関連記事

月別アーカイブ

09  08  07  06  05  04  03  02 

過去の記事