FC2ブログ
ホーム > 【さくらの習慣】( 10 件 )

我が家の家計簿、「かけどころ」と「削りどころ」。

 
買い物をする時に必要なモノは買う、不必要なモノは買わないようにする。モノを取捨選択する時に使うモノは手元に置いておき、役目を終えたモノは手放す。家計簿も同じで本当に欲しいモノにはお金を使い、不必要なモノにはお金をかけないことを意識していますが、我が家の「かけている項目」と「削っている項目」をご紹介します。かけている項目美味しい食事をするだけで笑顔になれて家族全員が楽しめるということから、食費と外食...

続きを読む

        

思わぬ出費を防ぐための習慣とは。

 
忙しい毎日、やるべき事をメモしておかないとうっかり忘れてしまいますよね。買い物に行く前に何を買うのかメモしたり、今日済ませる用事を箇条書きにしたり、書くことで忘れるのを防げるし頭の中を整理出来ます。家のちょっと気になることを書いて夫と共有しています。ホワイトボードを活用自分の予定は手帳に書いて夜に翌日の予定を確認しています。家に関して今すぐやらなくちゃいけないという程ではないけれど、気になったり片...

続きを読む

        

貯蓄を崩さずにお金を貯める方法。

 
家計簿をつけていると、たびたび季節ならではのイベントや様々な年払いなどで、大きな出費がある月があります。1ヶ月の中で決まって出ていくお金というのは住居費や水道光熱費、通信費、食費や日用品代などがあり、毎月大体このくらいと予想がつきますよね。これとは別に毎月かかる訳ではないけれど、一年のうちのどこかでかかってくるお金=特別出費があります。やっと貯蓄できたのに税金の支払いや帰省などで消えてしまうととて...

続きを読む

        

「必ず使うモノ」を持つとお金が貯まる理由。

 
家の中の色々なモノを減らし片付けや整理整頓をしたら、少ないモノで気持ちよく過ごせるようになりました。モノが少ないのは節約のために買わないのではなく、「必ず使うモノ」を持つようにしているからです。そのような意識を持つことで、お金が貯まるようになりました。その理由とは?物欲が減るから必ず使うモノが入っている引き出しや、必ず着る洋服が入っている収納ケースは開けるたびに取り出しやすく、毎朝着る洋服に悩まず...

続きを読む

        

専業主婦も小遣いが必要な理由。

 
贅沢をしている訳ではないけれど、また赤字・・・なぜか気付くと無くなっている。そんなは家計簿の「妻の小遣い」に注目してみませんか?働いていないし専業主婦だから小遣いをもらうなんて何だか気が引ける、と思う方もいらっしゃるかもしれません。息抜きで友人とランチに行ったり欲しい雑貨など買う時に、食費や日用品代から出していると、生活費とごちゃ混ぜになってしまい、気付いたら今月もピンチ・・・という事になりかねま...

続きを読む

        

定期的にモノを見直して気付いたこと。

 
我が家はモノを少なくしてから、普段の暮らしがとてもラクになりました。シンプルライフを続けていくために、私の衣類やよく使うモノは季節関係なく点検をしていますが、それとは別にGW・夏休み・冬休みの年3回、家族全員で家の中のあらゆるモノを見直して必要なモノと不必要なモノを判断しています。モノを手放すことで心にゆとりを持てるゴミ袋を用意して各部屋の収納ケース・引き出しの中や、玄関、洗面所、キッチンなどにある...

続きを読む

        

料理をラクに続けるために手放したこと。

 
私はどちらかと言うと料理は苦手な方です。今はあまり凝ったものは作らずシンプルで簡単な料理ですが、以前は苦手にも関わらず「頑張らなくちゃ」と思っていました。ストレスを抱えながら作った料理って、家族で食べていても美味しく感じないのですよね。。そこで私の中のある思い込みを手放すことにしました。手作りにこだわることをやめた昔は自分の中で市販品より手作りが良い、という考えがあって夫のお弁当に冷凍食品を入れた...

続きを読む

        

暮らしがスムーズに回る朝の習慣とは。

 
毎日やらなくちゃいけないことが多くて、いつもバタバタしてしまう。行き当たりばったりで、予定外の出費がかさむ・・・そんな時は、朝の過ごし方をちょっとだけ見直してみませんか?暮らしがスムーズに回る朝の習慣を3つご紹介します。家族より早く起きる私は朝が弱いので、夫が起きてから動き出すこともあるのですが・・・1時間早く起きていた時は、洗濯機を回しながら朝食とお弁当作り、自分の身支度も大体終えていました。朝...

続きを読む

        

夫婦で家計簿を共有するメリット。

 
お金の話を夫婦ですることは何となく気まずい雰囲気になったり、現実を直視したくないからちょっと話しづらい。だから自分が家計簿をつけて、やりくりを頑張ろう!そう思って今月は貯蓄○円目指そうとしても、挫折してしまうことはありませんか?夫が家計に無関心で自分ひとりでやりくりを抱え込むと、私はこんなに節約して頑張っているのに・・・もっとお給料があればいいのに・・・などといった不満を抱いてしまいがちです。我が...

続きを読む

        

プロフィール

さくら

Author:さくら
一人娘と転勤族の夫と暮らす40代主婦。

引越しが多い環境で、家族にとって生活しやすい家づくりや、モノの選び方を考えてきました。

ただ手放すのではなく、本当に必要なモノに囲まれたシンプルなスタイルを目指しています。

暮らし、ファッション、資産運用も含めたお金のことについて綴っています。

整理収納アドバイザー2級
クリンネスト2級・1級

現在マネーライフプランナーを勉強中です。

お問い合わせ
プライバシーポリシー

関連記事

月別アーカイブ

12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02 

過去の記事