FC2ブログ
ホーム > シンプルスタイル( 70 件 )

年末年始にやめてラクになった習慣とは

 
1年が経つのは早いですよね。未来の1年は長いと思う一方で、過ぎ去った1年はとてもあっという間に感じられます。夫は普段から仕事が忙しく、帰りが8時だと「今日は早かったね」と思わず言ってしまいます。なので、まとまった休みのとれる年末年始は夫にとっても家族にとってもゆっくりできる大切な時間。以前は年末年始だからアレやらなくちゃ、コレもしなくちゃと動いていたらせっかくの休暇なのにあまり休んだ気がしませんで...

続きを読む

        

ニトリで購入したお値段以上の商品5選

 
我が家は何か買おうとする時、ニトリに行くことが多いです。全国に店舗があるので転勤族にとっても行きやすく、ひとつのものを買う目的だとしても取りあえず1階・2階を一周見てしまいます。たくさんの商品がある所に行くと、それだけで目が疲れますがニトリはデザインや色がシンプルなものが多いので落ち着いて居られる安心感があるんですよね。(*‘∀‘)そんなニトリで「買って良かった!」と思えるお値段以上の商品5選をご紹介し...

続きを読む

        

リラックス効果有り!コロナ禍でおすすめしたいミニマリストの愛用品。

 
目が悪いせいか、日頃から目の疲れをよく感じています。20代の頃はコンタクトをしていましたが、仕事で目がショボショボするのをきっかけに眼鏡をかけるようになりました。美容室に行く時は眼鏡をはずすと何も見えないので、その時だけワンデータイプのコンタクトをつけます。3ヶ月に1回使う頻度なので、1箱買うとけっこう長持ちするんですよね。パソコンを使う時間が長いと目が疲れることがしばしばあり、眼鏡をはずして目を...

続きを読む

        

コロナワクチンファイザー1回目、副反応や準備しておいたこと。

 
9月上旬にコロナワクチンを接種しました。スムーズに終えたので会場にいらっしゃった医療関係者やスタッフの方々に感謝感謝!です。ワクチンを受ける前は、ネガティブなニュースを見て「副反応どうなんだろう?」と色々気になりましたが、緊張しつつも1回目を終えました。 1.ファイザー1回目のワクチン接種 2.接種後の副反応 3.準備しておいたこと  ・  予約日の翌日を夫の休日に合わせた  ・...

続きを読む

        

手放したこと|美容室を変えた時の気まずい思い

 
人によって美容院へ行く頻度は様々だと思いますが、私は3、4ヶ月に一度、美容院に行っています。なかなか美容院へ行けないとストレスがたまってしまいます。髪の毛を整えてもらうと気持ちもスッキリしますよね。洋服は同じなのに髪を切るだけで、いつもとは違う印象になります。 1.行きつけの美容院 2.1ヶ月先まで予約が取れず3.行きつけの美容院以外に行く時の気まずい思い4.固定観念を手放す5.おわりに行きつけの美容院あなた...

続きを読む

        

暮らしの見直し|シンプルな生活でやめた3つの習慣とは

 
新しい生活が始まる新学期や夏休み明けの時期。子どももそうですが、親である私も不慣れなことが増えて忙しくなったり、長期休み後の生活リズムが整わずに上手く時間の使い方ができないことがありました。そんな時は日々の生活の中でムダだと思うことや、やってもあまり意味のないことに労力を割くこと、今まで当たり前にしていた習慣をやめてみることをオススメします(/・ω・)/シンプルな暮らしをするようになった今、やめた習慣...

続きを読む

        

産後うつ体験談|辛かったこと・メンタル面の変化

 
遡ること8年前、私は産後うつになりました。それまで「産後うつ」という病気を聞いたことが無くて、自分がなって初めて知りました。切迫早産で入院中は、とにかく無事に生まれてきてくれることしか考えられず、育児書に書いてある赤ちゃんの発育様子のページしか見ていませんでした。出産後に自分の様子が、今までと明らかに違う!と気づき、育児書の最後の方にあった産後うつチェック表をしたら全て当てはまったのです。待望の我...

続きを読む

        

ママ友がいないのは寂しい?ママ友作りをやめてラクになった人間関係

 
我が家は転勤族なので数年ごとに全国各地へ引越しがあります。これまでに東北から九州まで、5回の転勤を繰り返してきました。 行ったことのない所へ行けるのは楽しい一方で大変だなーと思うことの一つに「人間関係」が挙げられます。夫は職場での上司や部下と上手くやっていけるだろうか。娘はせっかく仲良くなった友達と離れ離れになるから、引っ越し先で新しい友達できるかな。学校行きなくない、なんてことにならないと良いな...

続きを読む

        

家事をラクにするための工夫とは

 
生活している限り、毎日の家事は必要不可欠なもの。思うように進まずに時間がかったり家の中がすぐに散らかるのは、自分が面倒くさがりで怠けているからだ。以前の私は家事が苦手なのは「自分のせい」だと思っていましたが、いらないモノを手放したのをきっかけに暮らし全体を見直したら徐々に苦手意識がなくなっていきました。まだまだ発展途上であるものの今はだいぶ家事がしやすくなったので、自分ではなく家の中に問題があった...

続きを読む

        

プロフィール

さくら

Author:さくら
一人娘と転勤族の夫と暮らす40代主婦。

引越しが多い環境で、家族にとって生活しやすい家づくりや、モノの選び方を考えてきました。

ただ手放すのではなく、本当に必要なモノに囲まれたシンプルなスタイルを目指しています。

暮らし、ファッション、資産運用も含めたお金のことについて綴っています。

整理収納アドバイザー2級
クリンネスト2級・1級
ほめ達検定3級
温泉ソムリエ
マネーライフプランナー
メンタル心理カウンセラー
上級心理カウンセラー
ポジティブ心理学実践インストラクター
うつ病アドバイザー

お問い合わせ
プライバシーポリシー


シンプル&スタイル - にほんブログ村

関連記事

月別アーカイブ

09  08  07  06  05  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  02  02 

過去の記事