FC2ブログ

【家計管理】特別出費を把握して、やりくりを安定させる。


家計管理をする上で、特別出費を把握することが大切だと前回お話して、上半期にどのような出費があるのかをご紹介しました。


今回は下半期についてまとめてみました。


【家計管理】月々の支出だけではなく、特別出費を予算に組み込む。

家計簿をつけていると、たびたび季節ならではのイベントや 様々な年払いなどで、大きな出費がある月があります。1ヶ月の中で決まって出ていくお金というのは、住居費や水道光熱費、通信費、食費や日用品代などがあり、毎月大体このくらいと予想がつきますよね。これとは別に、毎月かかる訳ではないけれど、一年のうちのどこかでかかってくるお金=特別出費があり



下半期の特別出費とイベント


7月 お中元 夏休みのレジャー 

お中元を送る方は早めに準備しておくと良いですね。


子どもが夏休みに入るので、メリハリをつけて遊ぶ計画をたてたいです。


ひまわり


8月 お盆 帰省 夏休みレジャー

実家が遠い方は帰省するのに、飛行機代や新幹線代がかかるので 予算として組み込んでおきたいですね。


長い夏休み、なるべくお金をかけない過ごし方を考えていきたいです。


9月 固定資産税 敬老の日

固定資産税の支払いは生活費とは別に予算として組み込んでおきたいもの。(固定資産税の納付時期は市町村によって異なります)

敬老の日は、何か好きなものをプレゼントしたり 一緒に食事をしたりして感謝の気持ちを伝えたいですね。


10月 運動会 ハロウィーン

10月は暑さが落ち着いて だんだんと過ごしやすくなってくる時期なので、運動会や遠足など行事が多いです。


ハロウィーンも日本のイベントとして定着してきました。


11月 七五三 お歳暮

七五三の写真代ってけっこうお値段しますよね。前撮り写真は早めに撮るなどしてて、記念だからといって増えすぎないように、予算を決めておきたいです。


年末は忙しいので早めにお中元の準備をしておきましょう。


12月 固定資産税 クリスマス 帰省


クリスマスツリー


クリスマスプレゼントは早めにリサーチしておくと、慌てずに済みます。


8月の帰省と同様に、予算をとっておくと安心です。


以上、これらは一例です。他にも冠婚葬祭や年払いにしている保険料、誕生日プレゼント代などがあります。


【家計管理】自分にとって何が必要か、明確にするために行いたい習慣とは?

年が明けて今年もやりくりを頑張ろうと、決意した方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。10月に 消費税が8%から10%に引き上げられる予定なので、普段の生活にかかるお金から、車やマイホームといった大きな買い物まで、私たちの生活に どのくらい影響が出てくるのか気になりますよね。消費税が上がっても必要なモノは買



おわりに


下半期の特別出費とイベントについてご紹介しました。


こうやって書きだした項目だけでも沢山ありますよね!


私も全部ではないですが、我が家にとって必要なものから優先順位をつけて備えていきたいなと思います。


◇急な出費も貯蓄を崩さずにやりくりしていきたいです。お金に関して、こちらのテーマも参考になりますよ。(にほんブログ村)

自分年金(資産運用)

楽しく長期で資産運用♪

初心者のための、マネー入門!

節約貯金deゆとりのマネーライフ

老後の備え:お金に関する心配を減らす方法


◇興味のある方はこちらもどうぞ。(にほんブログ村)

ざっくり整理&収納のススメ

服の断捨離 ・ 整理収納

日々の暮らしをシンプル&豊かに

シンプルな暮らしでやめたこと。


◇ブログ村ランキングに参加しています。応援クリックありがとうございます^^
ブログランキング・にほんブログ村へ