FC2ブログ

【通信費の見直し】ずっと縛られていた〇〇からの解放。変化させることの難しさ。

         


周りがみんな持っているから。

贅沢してるつもりはないけれど。

気付けば 「通信費」 というものは年々上がってきているように感じます。


いわゆる 「ガラケー」 を持っていた頃は安く済んでいましたが、「スマホ」 を持つようになってから、グンと家計を圧迫しそうなくらい料金が高くなりました。

あまり使いこなせていないのに、

使う機能はいつも限られているのに、

とても高価なモノ、自分の身の丈以上のモノを持っているな、と感じ始めた遡ること 2年半前に

通信費の見直しをすると決めました。




スマホ




初めて携帯電話を持った時から今まで、長い間大手キャリアのものを使っていましたが、

夫と一緒にワイモバイルへ移行しました。

何故ワイモバイルにしたかと言うと。

いきなり店舗も無い格安スマホにするのは不安でしたが、ワイモバイルなら大手キャリアと格安のちょうど中間で良いかな、と思ったからです。

今まで使っていたキャリアメールは使用できなくなるので、移行する前に Googleのアカウントを作成し、電話帳の移し替えとフリーメールのGメールで対応していける体制にしました。

これは夫が調べてやってくれました。 本当に感謝感謝です。





私にとって 「今まで通りキャリアメールが使えなくなる」 ことが最大のネック、大きな壁 でした。

なかな決心することが出来ずに、ズルズルと先延ばしにしていた。

メールアドレスが変わったら、新しいアドレスを全員に連絡しなくちゃいけない。

あぁ、そんな作業大変だし、面倒だ・・・

だから、電話帳をまず初めに見直しすることに。

するとアドレスが変わったと、わざわざ連絡してでも伝えたい人って あまり居ないことに気づきました(笑)

同時にLINEを始めて、友達との連絡はLINEで出来るようにしました。





私はずっとキャリアメールに執着していたのですよね。

これを無くしたら大変なんじゃないのかって、縛られていた。

だって、15年以上もの間そうしてきたのだから。

当たり前のように そうやって過ごしてきたのだから。





長い間続けてきた習慣や考えを変化させる、という事は ものすごいエネルギーを使うのだ と

初めて気づきました。

変えた方が良くなるって分かってはいても、そうしてしまうと 今までの自分のやり方を全部否定しているような、そんな気持ちになってしまうから。

「執着心」 というのは、とても厄介なものですね。





ワイモバイルのスマホプランはS、M、Lの3つなので とてもシンプルです。

私はスマホプランSに入っており、故障安心パック、分割の端末代金、家族割引などを合わせて 夫婦で7,000円から8,000円くらいです。

月々1GBのところ、2年間データ容量2倍オプション無料キャンペーンを使って2GBまで使うことが出来ます。

外で使う場合もたまにありますが、ほとんど家でWi-Fiにつなげているので、問題ナシ。

10分以内の国内通話が何回かけても無料!


大手のような最新のハイエンドスマホではありませんが、普段はネットとLINE、たまに通話したり、動画を見たり 写真を撮る程度なので、十分です。

とても快適で、もっと早くから変えれば良かったと思うくらいです。




以前と比べて 月々6,000円の節約、一年で72,000円、10年で720,000円、20年で1,440,000円・・・!

車1台買えるくらいの差になってしまいますね。

通信費は 「固定費」 なので、そこを見直すと 浮いたお金を別の事に使えます。

もっと安くするために他の格安スマホについても、これから色々調べていこうと思います。

ではまた。


スポンサーリンク



 ポイントサイト

モッピー!お金がたまるポイントサイト

プロフィール

さくら

Author:さくら
モノとお金に縛られない・・・そんなアラフォー夫婦の物語・・・少しでも、あなたを笑顔にできたら幸いです

お問い合わせ
プライバシーポリシー

スポンサーリンク

今週の注目記事

バースデイで貯められる!しまむら系列のポイントカード Sep 18, 2018
【断捨離】モノを手放して変わったお金の使い方 Sep 15, 2018
【ニトリ】どんな部屋にも合う、コンパクトなデスクライト Sep 14, 2018
手間を省いて家事の効率化を考える Sep 13, 2018
【アラフォーファッション】秋の始まりに気軽に羽織れる、しまむらのカーディガン Sep 12, 2018

スポンサーリンク

simple&style interior

ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログランキング・にほんブログ村へ

過去の記事