小さな喜びはシンプルライフの中にある。

         
「ミニマリスト」 

と言う程ではないけれど、断捨離をし続けて シンプルな暮らしをするようになった今、ちょっとした嬉しさを感じるようになりました。

それは詰め替えをする時。


詰め替え


今までは洗剤や柔軟剤、化粧品など、まだ使い切っていないのに、お店に買いに行くたび新商品が気になり、どんどんボトルが増えていく・・・なんてことがありました

そのボトルを収納するためにケースが増えていって、場所も取るようになってしまいました。

特に化粧水など、肌に直接つけるものを放置しておいたら、もう使う気にはなれませんよね。

あぁ、なんて悪循環なこと・・・

でも、

今は何でも定番を決めたので、モノであふれかえることは無くなり、詰め替えがケースの中でスタンバイしている。
次に使うのはこれだよ、ちゃんと使ってね、と順番を待っている。

詰め替えをする時、エコだなと思いますが、それ以上に

私は途中でブレること無く、目移りすること無く、最後まで使い切ったんだ!やったぞ!という達成感にあふれて、嬉しい気持ちになるのです。



冷蔵庫においてもそう。

うちの冷蔵庫は普段からたくさん入っている訳ではないので、3日分くらいをまとめ買いをすると、食材が充実してるなと思います。

その状態からムダにせず使い回して、冷蔵庫が空っぽになるとすごく達成感がわきます

前、実家の母にこのことを話したら、

「いつもたくさん入っている方が安心だと思うけどな。」

と言われてしまいましたが(^^;

台風が来る、雪が降って買い物行けないって時は、ある程度まとめ買いすることはあります。

災害用に缶詰などの保存食を備蓄しておいたりもします。

でも、

必要な分を買って、食べきれないからと言ってダメにせず、最後は空っぽになる冷蔵庫は実に清々しい気持ちになるのです。



また、ゴミを捨てる時って、とても気持ちがスッキリしませんか?

家からゴミが無くなって、ゴミ箱に新しく袋をセットするときが気持ちいいなって思います。

特に空き缶や資源ごみは、燃えるゴミと違って捨てられる日にちが少ないので、うっかり忘れた時は悔しいです(^^;




この3つに対して共通して言えるのは どれも日常の中にちょっとした嬉しさを見出している、ということ。

モノでいっぱいだった時は、決して気付けなかった。

小さな達成感。  小さな喜び。

シンプルに暮らすって、いいな。

スポンサーリンク



プロフィール

さくら

Author:さくら
モノとお金に縛られない・・・そんなアラフォー夫婦の物語・・・少しでも、あなたを笑顔にできたら幸いです

お問い合わせ
プライバシーポリシー

スポンサーリンク

今週の注目記事

【通信費の見直し】ずっと縛られていた〇〇からの解放。変化させることの難しさ。 May 12, 2018
【断捨離】シンプルに暮らして得られる心地よさとは? May 10, 2018
【ユニクロ】夏に向けて購入した服、全て公開します。 May 08, 2018
私が投資をする理由 Apr 26, 2018
【普段使いのバック】お気に入りのものをひとつだけ Apr 23, 2018

スポンサーリンク

simple&style interior

ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログランキング・にほんブログ村へ

過去の記事