FC2ブログ

小さな喜びはシンプルライフの中にある。

「ミニマリスト」 

と言う程ではないけれど、断捨離をし続けて シンプルな暮らしをするようになった今、ちょっとした嬉しさを感じるようになりました。

それは詰め替えをする時。


詰め替え


今までは洗剤や柔軟剤、化粧品など、まだ使い切っていないのに、お店に買いに行くたび新商品が気になり、どんどんボトルが増えていく・・・なんてことがありました

そのボトルを収納するためにケースが増えていって、場所も取るようになってしまいました。

特に化粧水など、肌に直接つけるものを放置しておいたら、もう使う気にはなれませんよね。

あぁ、なんて悪循環なこと・・・

でも、

今は何でも定番を決めたので、モノであふれかえることは無くなり、詰め替えがケースの中でスタンバイしている。
次に使うのはこれだよ、ちゃんと使ってね、と順番を待っている。

詰め替えをする時、エコだなと思いますが、それ以上に

私は途中でブレること無く、目移りすること無く、最後まで使い切ったんだ!やったぞ!という達成感にあふれて、嬉しい気持ちになるのです。



冷蔵庫においてもそう。

うちの冷蔵庫は普段からたくさん入っている訳ではないので、3日分くらいをまとめ買いをすると、食材が充実してるなと思います。

その状態からムダにせず使い回して、冷蔵庫が空っぽになるとすごく達成感がわきます

前、実家の母にこのことを話したら、

「いつもたくさん入っている方が安心だと思うけどな。」

と言われてしまいましたが(^^;

台風が来る、雪が降って買い物行けないって時は、ある程度まとめ買いすることはあります。

災害用に缶詰などの保存食を備蓄しておいたりもします。

でも、

必要な分を買って、食べきれないからと言ってダメにせず、最後は空っぽになる冷蔵庫は実に清々しい気持ちになるのです。



また、ゴミを捨てる時って、とても気持ちがスッキリしませんか?

家からゴミが無くなって、ゴミ箱に新しく袋をセットするときが気持ちいいなって思います。

特に空き缶や資源ごみは、燃えるゴミと違って捨てられる日にちが少ないので、うっかり忘れた時は悔しいです(^^;




この3つに対して共通して言えるのは どれも日常の中にちょっとした嬉しさを見出している、ということ。

モノでいっぱいだった時は、決して気付けなかった。

小さな達成感。  小さな喜び。

シンプルに暮らすって、いいな。

無駄遣いを止めて、記憶に残るお金の使い方

生活費の中で大きな割合を占める 「食費」。

その中でも特に 「外食費」 は時に家計を圧迫することがあります。

我が家ではどうしたら抑えられるか、日々模索しております。

カレー

夫がお休みの土日のお昼は、レトルトカレーを食べたりしてますが、ただ温めるだけなので、ご飯さえあればすぐに用意が出来るのが嬉しいですよね。

パスタやうどんなど、手軽に準備出来るものを前もって買っておけば、ごはん作りのハードルが下がるので、気持ちがとても楽になりました



金曜日、夫がが早く帰宅した時の話です。

「夜、外食しない?」と言う夫に、私も「いいね!行っちゃおうか。」

こんな会話は今日に始まったことではなく、前からよくありました。




夫は1週間仕事へ行って、帰りも遅い。やっと明日から休み、私も無事に幼稚園の送り迎えとお弁当作りが終わる。

金曜日の夕方って一番ホッとできる時間なのですよね。

メニューは決まっているものの、まだ夜ごはんの支度に取り掛かっていない時、

そんな時に早く帰宅して外食の誘いがあったら・・・

心がフラ~っと揺れ動いてしまう。つい安きに流れてしまう。

1週間頑張ったじゃないか、ちょっとくらい息抜きしても良いよね?

でもその 「ちょっと」 で 1万円近くかかることが多々あった。

まずい・・・でもお互いストレス発散できたしまぁ良いか。



今年は外食費を抑えよう!そう決めてから1ヶ月しか経っていない。

っていうか、昨日もおんなじ話をしていたのに。

子どもも「やった~!」とワクワクしていて、もう完全に行く流れになっていたのですが、私は思い切って聞いてみた。


「今日の外食って本当に必要かな?」


夫は「うーん・・・」


ただ何となく行きたい、そんな程度だったので止めました。

その代わりに、スーパーで食べたいものを買いに行くことに。もう暗くなり始めていたので、値引きされているものもありました。



外食は絶対しない!ということではありません。

出掛けた時間や経路によっては外食した方が効率良い場合もあるし、

行きたいお店があったり、記念日などでレストランを予約するときもある。

でも。

何となくの外食、記憶に残らない外食は、時間もお金ももったいないと感じてしまいます。




外食だけじゃない。

洋服や生活雑貨、家電など・・・全ての買い物をするときに、もし衝動的に物欲が湧いてきたときに、自分自身に問いかけたい。



「それ、本当に必要?」

【アラフォーファッション】重ね着でアウターを着回す

私が持っている冬のコートはベージュのダウンコート1着なので、

毎日のように着用しているせいか、袖や裾の部分が汚れてきてしまいまして・・・

さすがに消耗が早いかもしれないな、と思っていました。

そこでもう1着コートが必要かなぁと、お正月のセール時に色々見て回ったけれど、特に「コレッ!」っていうアウターが見つからなかったのですよね。

昔はなぜか毎年のように新調していて、今年はウールのコート、翌年にはムートンコートと、どんどん増殖していってました(^^;

そんな数々のコートを断捨離して残った 「大好きな」 ベージュのダウン。

たった1着を 擦り切れるんじゃないかってくらい、実はポケットの部分が少し擦れてますが(笑)、

愛着を持って長く着ることが出来ている証拠かな





ある洋服で工夫できないだろうか?とクローゼットを眺めながら考えていました。

元々ベージュのダウントとセットになっているカーキ色の春秋用のコート。

春秋用コート1

薄手ではあるけれど、風を通さずしっかりとした作りになっているので、ちょっと肌寒い時によく羽織っていました。

これを活用してみてはいいんじゃないかな・・・?!

イオンのピースフィット タートルネックインナーの上に、ユニクロのフラッフィーフリースを重ねて、このコートを着てみました

春秋用コート2

ユニクロのフリースって本当暖かいですよね。

足元はファー付きのブーツ、手袋を合わせて防寒対策もバッチリです。

雪の多い所でずっと外に居たら寒いかもしれませんが、普段は車移動なので、出掛けてもすぐにお店などに入ってしまえば問題無かったです

持っているアウターは少なめなので、夏以外の3シーズン着回せるのは、とても嬉しいことです^^

これからもあるもので工夫しながら、少ない枚数でも着回せるワードローブを目指していきたいと思います。

ではまた。

生活のストレスを無くして住みやすくする方法

今年の冬は関東でも大雪が降ったりして、本当に寒い日が多いですよね

ニュースで最強寒波到来!と何度も聞いた気がします。

そんな寒い日はゆっくりお風呂に入って温まりたい(* ´ ▽ ` *)

お風呂で使うシャンプーやボディソープって、普通に買ってきた市販の容器だと、どれくらいの残量があるのか分かりにくいですよね

私は少なくなってくると、ポンプを開けて容器を逆さまにして、詰め替えるギリギリまで使うのですが、

夫がお風呂に入った時に「ボディソープ無いよー!詰め替え持ってきて!」

と言われることが多々ありまして・・・

中身が一目で分かるものを買うことにしました。

ニトリ 詰め替え容器3

ニトリのディスペンサー ¥925 (税別)

3つ買うと3,000円近いので、買う時は「ちょっとお高いかも・・・」と思ったのですが

お風呂でのあのプチストレスが無くなったので、とても便利になりました

そろそろ少なくなってきた時に詰め替えを買えば良いので、いつ無くなるか分からないからと言って、管理しておく必要も無いですし。

見た目もホテルのバスルームに置いてあるようなデザインなので気分も上がります

名前の書いてあるシールがありましたが、子どもがまだ読めないので、ピンクがトリートメント、水色がボディソープ、黒がシャンプーと色別で教えました。

ニトリ 詰め替え容器2

ふたが大きく取れるので詰め替える時も楽ちん。

小さいとこぼれたりしてイラっとしてしまいますよね(^^;

中を洗って清潔に保てます。

ニトリ 詰め替え容器1

買い替えをキッカケに、かごにメイク落としや洗顔フォームなども一緒に入れて、お風呂場に持って行くようにしました。

銭湯にいくような感覚です(笑)

なので、気が付くと汚れているシャンプーなど置いてあったラックを断捨離しました。

お陰で洗い場が広くなり、快適になりました^^

これからも生活のちょっとしたストレスを無くして、住みやすい家を目指していきたいと思います。

ではまた。

自分の暮らしに合ったモノの選択の仕方

以前、我が家で使っていた食器は落としたら割れてしまうモノでした。

一般的によく見るご飯じゃ椀や小皿、うどんやラーメンなどのどんぶりを使っていました。

子どもが3歳くらいの時に、食べた食器をシンクまで運んだり、私が洗ったお皿をふいてくれたりと、お手伝いをしてくれるようになった時に思いました。

もちろんありがたかったし、嬉しかったのですが流しに置くというよりかは、ガシャン!と放り投げる感じなので(^^;

割れたりヒビが入ったりしないかなぁと気になり・・・

子どもだけでなく、私たち夫婦の食器やコップを全てプラスチック製に買い替えました

キャンドゥ お椀

こちらのお椀は100円ショップのキャンドゥで買ったもの。

お味噌汁のお椀として購入しましたが、サラダやスープ、ヨーグルトを入れたり、おやつを入れたり、何にでも使えます。色が白だからでしょうか。

プラスチック製なのでとても軽くて子どもでも扱いやすく、落としても割れにくいので、お手伝いする姿を安心して見守ることが出来ます

今まではサイズや個数がバラバラだったのですが、目的別にそろえた事によって重ねられるので、後片付けもスピーディーになりました

オシャレな食器にも憧れますが、今は暮らしに合ったモノの選択をしていきたいなと思います。

ではまた。